利回りをよく見ること

部屋

家賃相場を確認する

マンション投資によって大きな失敗をしないためには、気を付けておくべきことがいくつかあります。その一つが、家賃相場の確認です。利回りというのを参考にマンション投資をするケースは一般的です。長期間賃貸中のマンションはとりわけ利回りが高く、それについつい飛び込んでしまうという人もよくいます。しかし、長期間賃貸中のマンション投資は、利回りだけでなく、しっかりと家賃相場を確認しないと、失敗のもとを作ってしまうことになります。というのも、長期間賃貸中であっても、もし退去者が出てしまった場合、同じ家賃で貸出しすることができないケースがあるからです。周辺の相場などによって、家賃を下げなければならないこともあり、そうなると結果的に利回りは下がってしまいます。マンション投資をする際、利回りだけを見るのではなく、最新の周辺家賃相場を確認しておくことが失敗しないやり方です。

修繕積立金の値上げ

マンションも築年数が古くなっていくと、修繕積立金が上昇してしまうことがあります。マンション投資の際、購入費用を抑えようとすることは良いことですが、築年数の古いマンションに投資をする際は、ちょっと注意が必要です。購入した後に修繕積立金が値上げされることがあるのです。利回りの計算をする際、修繕積立金などの諸経費をしっかりと計算に入れておく必要があります。とりわけ築年数の古い物件を購入するなら、なおさら諸経費の計算には慎重になった方が良いのです。管理費や修繕積立金が値上がりすると、それだけで利回りが大きく下がってしまうこともあります。マンション投資で失敗しないためには、実質的な利回りの数値を隈なく把握しておくことが大切なのです。