しっかり確認する

物件

見落としがないか

マンション投資をする際、投資を成功させるためには専門的な知識がある方が安心です。もちろん、マンション投資の初心者という人もいるでしょうが、たとえそうであっても最低限のノウハウを身に着けておくことは大切なことです。マンション投資に失敗してしまうケースというのは、こうした知識が欠けている場合が少なくありません。投資の際には、さまざまな書類に目を通していくことになりますが、その際知識がないと、何が書いてあるのか読み解けないということもあります。その結果、よく目を通さずに投資に踏み切ってしまうと、失敗してしまうかもしれません。マンション投資に失敗しないためには、専門知識を身に着け、確認するべき事項の見落としがないかどうかをはっきりと理解しておくことが大切です。

管理費や修繕積立金の滞納

重要事項説明書など、専門的なことが書かれている書類には、特に重点的に目を通しておくことが大切です。意外と見落としがちなのが、管理費や修繕積立金の滞納です。投資マンションの中には、前のオーナーが滞納した管理費や修繕積立金の滞納金を支払わなければならないこともあります。そうした特別な事項は、重要事項説明書に記載されているのが当然です。しかし、そうした説明書を確認することを怠ってしまうと、あとで滞納金の支払い催促をされて、思わぬ出費をしなければならないなんてことも考えられるのです。重要事項説明書には多くの大切なことが書かれています。読み落としてしまうと、それが失敗のもととなってしまうこともあるため、細心の注意を払ってじっくりと確認をしましょう。

投資マンションのポイント

コイン

マンション投資で多く見られる失敗としては、無理なローンの返済計画を立てているケースです。空室リスクを考慮した返済が必要です。さらに物件選びも、賃借人にとって住みやすい環境などを考慮することが大事です。

もっと読む

利回りをよく見ること

部屋

マンション投資の失敗に付き物なのが、よく状況を精査していない安易な判断です。表面的な利回りの数値だけを目安にするのではなく、周辺の環境や諸経費などをしっかり計算に入れた、実質的な数値を参考にするようにしましょう。

もっと読む

確認すべきことを確認する

建物

マンション投資では失敗したくないものです。失敗しないためには、より良質の情報を複合的に得ることが大切です。事前に知ることのできる事項や、調べればわかる情報などを購入する前に得ておくことで、失敗のリスクを減らすことができます。

もっと読む